category: ピアノ  1/2

スポンサーサイト

No image

本番は想定外が当たり前だと心得るべし!

No image

あんぷらぐどピアノ講師のピアノブログです♪http://unplugged-piano.hateblo.jp/entry/2015/07/09/181343本番にパニクらないための心構えとは?また、家でできる本番対処法とは?さあ、今すぐチェック!...

ピアノ関連はおもにこちらで書いています

No image

ぴあのQ&A や 「言の葉」など、ピアノ関連はいまこちらで書いてあります。ちょっとした実験でもあるのですが、ぜひお訪ねください!春日部のピアノ教室KAIKAN日誌 http://ameblo.jp/manabiya-unplugged/リンク、いいね!、Tweet、お願いします~♪...

日本人がピアノと仲良くなるために遺しておきい言の葉 4

No image

④ピアノは肉体労働である たぶん「華やかに見えるかも知れないけど、実は」と言う前置きが欲しいのかも知れないが、間違った誤解を生むだけの指摘である。 たとえば「この部分を弾いていると疲れてしまうけど、もう少し我慢していれば慣れる」とか「ピアノは高齢になると弾けなくなる」とか。時代錯誤も甚だしい。  アスリートの方たちに、「スポーツは肉体労働」などと決めつけたら、かなり白い目で見られるのは、運動音痴の私...

日本人がピアノと仲良くなるために遺しておきたい言の葉 3

No image

③まずは楽しく弾くのが第一であり、又こうすれば、すぐに弾けるようになる方法がある こんな事が言えれば本当に幸せなのだが、残念ながら理想論でしかない。わが子が発表会で一生懸命にピアノを弾く姿を見れば、親としては嬉しいかも知れないが、弾いている本人は真剣そのものであり、楽しさを感じる余裕などないはず。 親だって楽しい訳ではない。微笑ましいのである。ただ中には「人前で弾くのが楽しくて楽しくて」と言われる...

日本人がピアノと仲良くなるために残しておきたい言の葉 2

No image

②ある作曲家は、こう弾かれるべきである「そんなのモーツァルトじゃない」とか「シューマンっぽくない」とか、そんな決めつけ方の出来る人は、世界中を探しても見つからない。 多くの作曲家は、とっくの昔に故人となっているのだから。 “天衣無縫”で知られるモーツァルトが自分の死後、何百年も経って、生地より遥かに離れた遠いアジアの片隅で、自作が愛奏されるのを天国で耳にした時、果たして何と言うであろうか? 喜びこそ...

日本人がピアノと仲良くなるために遺しておきたい言の葉

No image

[序章] あるピアニストの述懐遺しておきたい言の葉。つまり“遺言”である。ありがたい事に、まだ元気でいられるうち、なぜ“遺言”を認めたくなったか。契機となったのは、2011年3月11日に起きた東日本大震災。被害に遭われた現地の復興を心から祈るいっぽう、では自分が何のために生きている、あるいは幸運にも生かされているのかをどうしても考えずにはいられなかった。物質的な豊かさと、精神的な豊かさが相反するものだとは決し...

ただいまピアノの調律中♪

No image

調律中です^^ちょっと音の具合が悪く、弾いていただいた皆様にご容赦いただいていましたが、これでもう一安心^^ピアノ弾きの方々に信頼されている、調律師さんです。あすのあんぷらぐど杯も、気持ちよく弾けますよ~...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。